メニュー:当基金について メニュー:年金制度について メニュー:当基金の事業
現在の位置 : HOME > 年金制度について

タイトル:年金制度(公的年金と基金)

厚生年金基金の役割(公的年金と企業年金との調整)

年金制度の体系 〜2階建ての公的年金と私的年金〜

わが国では、現役世代は全て国民年金の被保険者となり、高齢期になれば、基礎年金の支給を受けます。

民間被用者や公務員は、これに加え、厚生年金(共済年金)に加入し、基礎年金の上乗せとして報酬比例年金を受けることになります。

このほか、個人や企業の選択で、企業年金などの私的年金に加入することができます。

図:年金制度の体系
出典:厚生労働省年金局「平成16年 年金制度改正のポイント」

公的年金制度とは、

『 国民年金の被保険者』 は、第1号被保険者の自営業者、民間サラリーマン及び公務員等の第2号被保険者、第2号被保険者の配偶者の第3号被保険者で構成されています。

 私たち基金の加入員(サラリーマン)は、20歳以上60歳未満の全ての国民が加入する部分の『 国民年金(基礎年金)』 と、サラリーマンが加入する部分の『厚生年金保険(代行部分を控除した報酬比例部分 )』 の2つの年金制度に加入し二階建ての年金になっています。

さらに、金属プレス業界の皆様は、日本金属プレス工業厚生年金基金にも加入されていますので、3階建ての年金になります。

当基金は企業年金制度の一つで、国の厚生年金保険の老齢厚生年金の報酬比例部分の一部を代行し、その上に基金独自の年金を上乗せして給付します。
基金は公的年金制度の企業年金を調整する役割を担っています。

基金制度の概要

図:厚生年金基金の概要図

このページの先頭へ戻る ↑